新着情報

【3/15-17】動物細胞の培養実習会(参加締め切り 2/8)

2017.01.17

3月15〜17日に高専・技科大の教職員、研究員、学生を対象とした動物細胞の培養実習会を開催いたします(技術科学イノベーション専攻 大沼清 准教授(生物機能工学専攻兼任)が主担当)。生体安全性や機能性試験をしたいが、細胞の扱いにお困りの方々がおられましたらお気軽にご参加ください(参加費無料、旅費・宿泊先について支援あります)。

 

【開催概要】

対象:     工業高等専門学校、技術科学大学の教職員、学生。自分の研究成果を、動物細胞を用いてテストしたいと考えている方で、これまで細胞の培養をしたことがほとんど無い方。ご自分の試料の持ち込みは応相談。

期間:     2017年3月15日(水)14時~17日(金)15時(時刻は多少前後します)

募集人数:     6名(希望者多数の場合は、抽選させて頂きます)

参加費:     無料(各機関1人分の往復旅費と、学内の宿舎を提供します。)

概要:     ピペットの操作・無菌操作の基礎、試料の滅菌(チタン板、ナノパーティクル、プラズマ照射した樹脂、牛乳等)、多穴培養皿を用いた毒性試験・仕込み、測定とデータ整理

オプション:     生体安全性や機能性試験法の相談

例: 細胞非接着コート剤の接着性テスト、天然素材によるガンの抑制、チタン表面への骨芽細胞の接着、小分子化合物の神経突起伸長への影響、スキャッホールドのマウスへ移植、遺伝子導入の試薬、ヒトiPS細胞由来の神経細胞や心筋細胞を用いた電気刺激テスト等。

 

【申し込み方法】

以下の宛先にメールをお送りください。

宛先:     kohnuma@vos.nagaokaut.ac.jp (技術科学イノベーション専攻・生物機能工学専攻兼任 准教授 大沼清)

件名:     動物細胞の培養実習

本文:     名前、所属、身分(学年)、参加理由(200文字以内)、試料持込みの有無(有の場合は差支えない範囲で具体的に)、学生の場合は研究室を主宰する教員の許可の有無と連絡先をお願いします。

締切日:     2017年2月8日(水)

 

【実習概要】

1日目:   概要・基礎実習(半日)

午後(14時~): 説明、ピペット操作、無菌操作、試料の滅菌

2日目:   動物細胞の培養

午前: 多穴培養皿に動物細胞を播く

午後: 試料の添加

夜: 懇親会

3日目:  生細胞数の測定

午前: 吸光計を用いた生細胞数測定、蛍光染色

午後(~15時): 吸光度測定、蛍光顕微鏡写真撮り

 

【問合せ先】

長岡技術科学大学 技術科学イノベーション専攻・生物機能工学専攻兼任 准教授 大沼清

〒940-2188 新潟県長岡市上富岡町1603-1 生物棟665号室

Tel & Fax: +81-258-47-9454

e-mail: kohnuma@vos.nagaokaut.ac.jp

 

【実行委員】

長岡技術科学大学教員(敬称略)

滝本浩一、霜田靖、佐藤武史、多賀谷基博、大塚雄市、菊池崇志、佐々木徹、大沼清

 

関連リンク

システム幹細胞工学研究室