新着情報

笠井大輔 准教授 新潟生化学懇話会 招待講演

2017.06.26

笠井大輔准教授が平成29年6月24日に新潟大学五十嵐キャンパスにおいて開催された第58回新潟生化学懇話会で招待講演をいたしました。新潟生化学懇話会は、新潟大学医学部第一生化学教室の緒方規矩雄教授の呼び掛けにより1964年に開始されました。今年で58回目の開催となる伝統ある会です。新潟大学、長岡技術科学大学、新潟薬科大学、日本歯科大学などの生化学に携わってきた先生がたのご尽力により、県内の生化学の発展に貢献してきました。また、著名な外部講師による特別講演やポスター奨励賞の選定など若手の育成にも力を注いでおり、現在では例年100名以上が参加しております。

講演題目

土壌細菌の物質代謝に関わる酸素添加酵素の機能解析

概要

 二原子酸素添加酵素(ジオキシゲナーゼ)は、土壌細菌の好気的条件下での物質代謝において重要な役割を担う。本講演では、環境汚染物質の1つであるポリ塩化ビフェニル分解菌や、天然の高分子化合物であるイソプレンゴムを資化できる土壌細菌が持つジオキシゲナーゼの役割について紹介した。難分解性の芳香族化合物や天然ゴム廃棄物の分解に関わる酵素の機能解明は、微生物を用いた環境浄化や廃棄物処理の開発に貢献すると考えられることから、循環型社会の形成や環境負荷低減への寄与が期待される。

 

P_20170624_132933_vHDR_Auto

P_20170624_133633_vHDR_Auto

P_20170624_132907_vHDR_Auto

P_20170624_133931_vHDR_Auto

 

関連リンク

環境微生物工学研究室webpage