生物機能工学課程の教育目標

 長い進化の結果生み出された精徴な生物機能を、ミクロな分子レベルからマクロな動植物・人体に至る各階層で研究し、さらにそれらを統合して理解するだけでなく、その研究成果を工学的に役立てて行こうとする学問領域が生物機能工学である。これは、生物機能に関する理・工・農・医・薬学などの幅広い学問分野にわたる純粋研究と応用研究とが、不断に連携をとりながら融合発展する新しい学問領域である。

 生物機能工学の研究成果は、環境・健康・エネルギー・食料問題などの地球規模の生命・環境の保全や人類の福祉に関連して、杜会や産業の中で中心的な役割を果たすことが期待されている。これに伴って、この学間領域を修めた創造的・実践的な技術者や研究者の社会や産業界での重要性は将来にわたりますます増大してゆくと考えられる。例えば、近年急激に発展を遂げているゲノム惰報に関する研究分野は杜会的に大きな注目を集めており、これに関連する新しい産業が我が国でも急遠に発展すると予測されている。

 生物機能工学課程では、それと接続する生物機能工学専攻までの一貫教育により、この学問領域に関する基礎的な知識と技能とを修得するとともに、それらを体系化し実践に生かすことのできる能カを持ち、地球規模での生命・環境の保全や人類の福祉に貢献できる人材を育成することを教育の目標としている。 この内、学部の教育においては、講義・演習・実験を通して、生物機能工学に関する基礎的な知識と技能を修得することに重点がおかれる。この中には、基礎的な自然科学の知識と技能を確実なものにし、必要な英語カや報告書作成能カを養成することが含まれる。これに接続する修士課程では、最先端の研究などに関する講義・セミナー・研究活動を通して、これらの知識や技能の体系化を行うとともに、体系化された知を実践し、問題を発見・解決する能カを養成する。また、これらの教育を通して生物機能工学に関する高い倫理観を養成することをめざす。

平成17年度 学部履修案内より
2005.05.12掲載