Laboratory for Biological Motility

国内学会
1. 原形質流動における流動分布、掃部義則、本多元、松野孝一郎、日本生物物理学会、28, [S292] (1988)

2. 乳児の上肢運動の発生成長過程、今井栄一、和田安弘、本多元、松野孝一郎、日本生物物理学会、28, [S294] (1988)

3. エビ筋原線維の収縮速度とATP分解、木村和史、本多元、松野孝一郎、日本生物物理学会、29, [S57] (1989)

4. スペクトル干渉法による粘菌原形質流動の速度測定、佐久間徹、本多元、松野孝一郎、日本生物物理学会、29, [S122] (1989)

5. 代謝回転速度とインフォメーション生成、松野孝一郎、本多元、日本生物物理学会、29, [S302] (1989)

6. 屈曲運動の力相関とそのスペクトル解析、渡辺昭利、本多元、松野孝一郎、日本生物物理学会、29, [S302] (1989)

7. 乳幼児の上肢運動発達過程の力学的評価、今井栄一、本多元、松野孝一郎、日本生物物理学会、29, [S303] (1989)

8. クルマエビ筋原線維の収縮速度とATP分解-Ⅱ、荒井和也、羽鳥晋由、赤川吉仁、本多元、松野孝一郎、日本生物物理学会、30, [S73] (1990)

9. クルマエビ筋原線維の収縮速度とATP分解-Ⅲ、本多元、羽鳥晋由、赤川吉仁、荒井和也、松野孝一郎、日本生物物理学会、30, [S74] (1990)

10. マイクロスフィアの形状とそれを決める因子、今井栄一、白澤淳、前沢峰雪、伊藤剛、本多元、松野孝一郎、日本生物物理学会、30, [S278] (1990)

11. アミノ酸イオンクラスタとしてのマイクロスフィア、伊藤剛、白澤淳、東和田隆司、今井栄一、本多元、松野孝一郎、日本生物物理学会、30, [S278] (1990)

12. 粘菌原形質流動と顆粒速度の揺らぎ、佐伯延郎、高松康一、本多元、松野孝一郎、日本生物物理学会、30, [S292] (1990)

13. アミノ酸熱重合物の水溶液中集積と温度勾配、白澤淳、今井栄一、桜沢繁、本多元、松野孝一郎、日本生物物理学会、31, [S126] (1991)

14. アミノ酸熱重合分子の組成と分子量、今井栄一、前沢峰雪、本多元、松野孝一郎、日本生物物理学会、31, [S127] (1991)

15. クルマエビ筋原線維の収縮速度とATP分解-Ⅳ、羽鳥晋由、荒井和也、本多元、松野孝一郎、日本生物物理学会、31, [S248] (1991)

16. アミノ酸熱重合物の水溶液中における集積・解離、前沢峰雪、今井栄一、本多元、松野孝一郎、日本生物物理学会、32, [S69] (1992)

17. アミノ酸熱重合物とタンパク質の類似点と相違点、塩津亜賀根、今井栄一、本多元、松野孝一郎、日本生物物理学会、32, [S69] (1992)

18. アミノ酸熱重合物による微小球の成長、桜沢繁、今井栄一、白澤淳、本多元、松野孝一郎、日本生物物理学会、32, [S70] (1992)

19. 有機系溶媒存在下に於けるアクトミオシンの運動、羽鳥晋由、赤川吉仁、本多元、松野孝一郎、日本生物物理学会、32, [S87] (1992)

20. 筋原線維運動の高分解能での観察、篠崎豊、羽鳥晋由、長尾伸二、本多元、松野孝一郎、日本生物物理学会、32, [S90] (1992)

21. アミノ酸熱重合反応の示差熱分析(Differential Thermal Analysis of Thermal Heterocomplex Molecules of Amino Acids)Viva Origino, 21, 1, 16, (1993)

22. アミノ酸熱重合物へのアミノ酸単分子のとりこみ(Incorporation of Monomeric Amino Acids onto Microspherical Structures of Thermal Heterocomplex Molecules of Amino Acids)Viva Origino, 21, 1, 20, (1993)

23. マイクロスフィア形成現象:表面への集積・解離特性(Accretion of Thermal Heterocomplex Molecules from Amino Acids in Aqueous Milieu)Viva Origino, 21, 1, 18, (1993)

24. in vitro アクトミオシン滑り運動の局所揺らぎ測定 (Measuring of local fluctuation during acto-myosin movement in vitro), 羽鳥晋由,長尾伸二,本多元,松野孝一郎:日本生物物理学会, 34 [S31] (1994)

25. Fーアクチンによる二次元縞模様の形成 (Formation of two-dimentional periodic tex-ture from filamentous actins in vitro), 本多元、賀来千織、羽鳥晋由、石渡信一、松野孝一郎:日本生物物理学会, 34, [S60], (1994)

26. アクチン-トロポニン(T+I)複合体の滑り運動 (Sliding movement of actin-troponin(T+I) complex), 田村巧,羽鳥晋由,喜多野良子,本多元,松野孝一郎:日本生物物理学会, 34, [S30] (1994)

27. アミノ酸熱重合反応と生成物(Thermal Hetero-copolymerization of Amino Acids and Separation of Their Products)Viva Origino, 22, 1, 18, (1994)

28. アミノ酸熱重合物から形成される殻状構造物 (Shell structures made of thermal heterocomplex molecules from amino acids), 桜沢繁、杉山敏郎、有川良博、本多元、今井栄一、松野孝一郎:日本生物物理学会, 34, [S163], (1994)

29. アミノ酸熱重合物と核酸の相互作用 (Adsorption of nucleic acids onto thermal heterocomplex molecules of amino acids), 木村秀樹、今井栄一、本多元、松野孝一郎:日本生物物理学会, 34, [S162], (1994)

30. アミノ酸熱重合物と微小球の形成(Thermal Heterocomplex Molecules from Amino Acids and Formation of Microspherical Structures Thereof)Viva Origino, 22, 1, 20, (1994)

31. アミノ酸熱重合物によるミクロスフィア形成の分子機構(Molecular Mechanism for the Formation Process of Microspherical Structures from Amino Acids)Viva Origino, 22, 2, 71, (1994)

32. アミノ酸熱重合物による微小球成長のヒステリシス(The hysteretic growth of microspherical particles consisting of thermal heterocomplex molecules from amino acids)Viva Origino, 22, 2, 81, (1994)

33. アミノ酸熱重合物へのアミノ酸の吸着 (Adsorption of amino acids onto thermal hetero-complex molecules from amino acids), 芹沢依子、平田賢治、今井栄一、本多元、松野孝一郎:日本生物物理学会, 34, [S162], (1994)

34. 弛緩時のサルコメア長揺らぎとアクトミオシン相互作用 (The fluctuation of sarcomere length and actomyosin interaction in relaxed myofibril), 長尾伸二,羽鳥晋由,本多元,松野孝一郎:日本生物物理学会,34[S29],(1994)

35. 微小球へのアミノ酸・核酸の吸着(Adsorption of Amino Acids and Nitrogen Bases on Microspherical Particles)Viva Origino, 22, 1, 22, (1994)

36. DSS架橋アクチンの滑り運動 (Sliding movement of actin filaments crosslinked with DSS), 田上信志,羽鳥晋由,本多元,松野孝一郎:日本生物物理学会, 35, [S213], (1995)

37. アクチン繊維の横方向ゆらぎのATP濃度依存性 (ATP-de-pendent fluctuations of single actin filaments), 羽鳥晋由,本多元,松野孝一郎:日本生物物理学会, 35, [S214], (1995)

38. アクチン繊維の横方向ゆらぎの相関性 (Spatiotemporal corre-lation of transversal fluctuations along an actin filament), 羽鳥晋由,本多元,松野孝一郎:日本物理学会講演概要集 第51回年会第3分冊, [758] (1995)

39. アミノ基架橋試薬によるアクチン繊維の架橋反応 (Crosslinking of amino groups in actins), 田中秀幸、本多元、松野孝一郎:生物物理 Biophysics 35, [S214] (1995)

40. アミノ酸熱重合反応の熱的解析 (Thermal analysis of thermal hetero-copolymerization of amino acids), 今井栄一、本多元、松野孝一郎: 生物物理 Biophysics 35, [S82] (1995)

41. アミノ酸熱重合物が触媒する構造変化 (Conformational changes in thermal hetero-complex molecules of amino acid), 石森綱行、羽田知由、本多元、松野孝一郎: 生物物理 Biophysics 35, [S82] (1995)

42. アミノ酸熱重合物での局所過程とその緩和と相互作用 (Local relaxations and their synchroni-zation in thermal heterocomplex molecules from amino acids), 櫻沢繁、本多元、松野孝一郎:日本物理学会講演概要集 第51回年会第3分冊, [756] (1995)

43. アミノ酸熱重合物による殻構造の形成 (Formation of shell struc-tures from thermal heterocomplex molecules of amino acids), 櫻沢繁、本多元、松野孝一郎: 生物物理 Biophysics 35, [S177] (1995)

44. アミノ酸熱重合物の温度履歴現象(A hysterisis exhibited by thermal heterocomplex molecules of amino acids)Viva Origino, 23, 1, 14, (1995)

45. アミノ酸熱重合物の温度履歴現象とエネルギーの注入 (Hysterisis latent in thermal heterocomplex molecules of amino acids and energy intake), 櫻沢繁、今井栄一、本多元、松野孝一郎: 生物物理 Biophysics 35, [S82] (1995)

46. アミノ酸熱重合物の形成する殻状構造物(Shell structures made of thermal heterocomplex molecules from amino acids)Viva Origino, 23, 1, 12, (1995)

47. 骨格筋収縮の調節と化学力学共役 (Calcium regulation and mechano-chemical cou-pling of skeletal muscle), 本多元,羽鳥晋由,田上信志,喜多野良子,松野孝一郎: 日本物理学会講演概要集 第51回年会第3分冊, [758] (1995)

48. 調節アクチン繊維の滑り運動II -トロポニンの役割- (Sliding movement of regulated actin filamnets I -Role of troponin-),本多元,田村巧,羽鳥晋由,松野孝一郎:日本生物物理学会, 35, [S213], (1995)

49. 調節アクチン繊維の滑り運動I-トロポニンの役割- (Sliding movement of regulated actin filamnets I -Role of tropomyosin-), 喜多野良子、本多元、松野孝一郎: 生物物理 Biophysics 35, [S212] (1995)

50. L-アミノ酸混合物の加熱溶解反応 (Heating the Mixture of L-Amino Acids), 土沢健一、桜沢繁、本多元、松野孝一郎, 生物物理 Biophysics, 36, S131, (1996)

51. TropomyosinがActin繊維に与える二つの影響 (Dual role of tropomyosin on chemically modified thin filaments), 喜多野良子、羽鳥晋由、本多元、松野孝一郎、生物物理 Biophysics, 36, S20, (1996)

52. アクトミオシンのゆらぎに現われる協同効果 (Cooperative Fluctuations in Actomyosin), 羽鳥晋由、本多元、松野孝一郎: 生物物理 Biophysics, 36, S19, (1996)

53. アミノ酸熱重合物と加水分解 (Thermal copolymerization of amino acids and hydrolysisof the products), 有川良博、今井栄一、本多元、松野孝一郎: Viva Origino, 24, 28-29, (1996)

54. アミノ酸熱重合物の進化実験への意義 (Evolutionary implications of thermal heterocomplex molecules from amino acids), 松野孝一郎、今井栄一、本多元, Viva Origino, 24, 28-29, (1996)

55. アミノ酸熱重合物の微小殻構造の形成機構 (Formation mechanism of shell structure from thermal heterocomplex molecules of amino acids), 桜沢繁、本多元、松野孝一郎: Viva Origino, 24, 30-31, (1996)

56. 化学架橋ActinとTroponinの示す化学力学脱共役 (Mechano-chemical uncoupling of thin filaments reconstituted from crosslinked actin monomers), 本多元、田上信志、羽鳥晋由、松野孝一郎, 生物物理 Biophysics, 36, S20, (1996)

57. 熱エネルギーによるアミノ酸の濃縮重合 (Condensation and Polymerization of Amino Acids During Heating), 今井栄一、本多元、松野孝一郎, 生物物理 Biophysics, 36, S131, (1996)

58. 架橋アクチンによる調節繊維が示す化学力学脱共役(Mechano-chemical Decoupling of Regulated Filaments from Crosslinked Actins), 本多元、羽鳥晋由、松野孝一郎: 日本物理学会講演概要集 第52回年会第3分冊, [760] (1997)

59. アクチン繊維のゆらぎと単方向伝播(Unidirectional propagation of fluctuations along an actin filament), 羽鳥晋由、本多元、松野孝一郎: 日本物理学会講演概要集 第52回年会第3分冊, [760] (1997)

60. アミノ酸熱重合物の長時間緩和と非平衡下での局所パターン形成(Long-Time Relaxation of Thermal Heterocomplex Molecules and Their Local Pattern Formation in a Non-Equilibrium System), 櫻沢繁、本多元、松野孝一郎: 日本物理学会講演概要集 第52回年会第3分冊, [691] (1997)

61. 熱エネルギーによるアミノ酸の重合(Polymerization of Amino Acids During Heating), 今井栄一、本多元、松野孝一郎: 日本物理学会講演概要集 第52回年会第3分冊, [768] (1997)

62. アミノ酸熱重合物の析出とそのpH依存性(pH dependent precipitation of nana-particles from thermal hetero complex molecules of amino acids), 土沢健一、石森綱行、櫻沢繁、今井栄一、本多元、松野孝一郎、Viva Origino, 25, 16, (1997)

63. 金属イオン存在下でのアミノ酸熱重合物のふるまい(Behaviors of Thermal Heterocomplex Molecules of Amino Acids in the Presence of Metal Ions), 若村和彦、今井栄一、本多元、松野孝一郎、Viva Origino, 25, 17, (1997)

64. 複製分子出現のための進化反応炉の設計(Constructing a Flow Reactor for Simulating the Emergence of Replicating Molecules), 前嶋昭宏、今井栄一、本多元、松野孝一郎、生物物理 Biophysics, 37, S58, (1997)

65. 熱的作用によるアミノ酸の縮合・重合(Condensation and Polymerization of Amino Acids During Heating), 今井栄一、本多元、松野孝一郎、生物物理 Biophysics, 37, S59, (1997)

66. 溶液混合時の縞模様の出現(Emergence of Striation Pattern in a Two-Solution Mixture), 寺田竜、櫻沢繁、羽鳥晋由、本多元、松野孝一郎、生物物理 Biophysics, 37, S73, (1997)

67. 比重が引き起こす縞模様(Pattern Generation in the Solution Mixture of Different Specific Weights), 本多元、寺田竜、櫻沢繁、羽鳥晋由、松野孝一郎、生物物理 Biophysics, 37, S76, (1997)

68. 調節DMS架橋アクチン繊維のATPase活性(Myosin ATPase activation by regulated filaments of DMS-crosslinked actins), 田村真理、羽鳥晋由、本多元、松野孝一郎、生物物理 Biophysics, 37, S209, (1997)

69. トロポニン・アクチン複合体はカルシウムの調節を受けるか?(How Could Troponin-Actin Complexes Be Regulated by Calcium Ions?), 本多元、村上幸弘、羽鳥晋由、松野孝一郎、生物物理 Biophysics, 37, S210, (1997)

70. 低ATP濃度下でのアクチン繊維の不連続な運動(Staggered movement of an actin filament under low concentrations of ATP), 羽鳥晋由、本多元、嶋田勝彦、松野孝一郎、生物物理 Biophysics, 37, S211, (1997)

71. 海底熱水噴孔を模した進化フローリアクター;今井栄一、本多元、羽鳥晋由、松野孝一郎、Viva Origino, 26, 11, (1998)

72. 進化フローリアクターでの自己触媒型重合反応の出現;前嶋昭宏、今井栄一、本多元、羽鳥晋由、松野孝一郎、Viva Origino, 26, 12, (1998)

73. 断熱冷却を備えた進化フローリアクター(A flow reactor for chemical evolution and autocatalysis), 今井栄一、本多元、羽鳥晋由、松野孝一郎、生物物理 Biophysics, 38, S169, (1998)

74. 海底熱水環境を模倣したリアクターでのオリゴペプチドの生成(Synthesis of Oligopeptides in a Simulated Submarine Hydrothermal System), 尾形嘉昭、前嶋昭宏、今井栄一、本多元、羽鳥晋由、松野孝一郎、生物物理 Biophysics, 38, S169, (1998)

75. 熱水環境下でのオリゴアデニル酸の生成(Synthesis of oligo-adenirates in a simulated submarine hydrothermal system), 小笠原宏、今井栄一、羽鳥晋由、本多元、松野孝一郎、生物物理 Biophysics, 38, S169, (1998)

76. アクチン繊維内の相互作用とカルシウムイオンによる調節(Ca2+ regulation and interaction between actin molecules in the filamenmt), 川野和男、田村真理、羽鳥晋由、本多元、嶋田勝彦、松野孝一郎、生物物理 Biophysics, 38, S194, (1998)

77. アクチン繊維のすべり速度の増加と不連続運動(Staggered movement of an actin filament with the increase of the sliding velocity), 羽鳥晋由、本多元、嶋田勝彦、松野孝一郎、生物物理 Biophysics, 38, S194, (1998)

78. アクチンすべり運動中の繊維各部の動き(A speckled actin filament and its intra-filamental movement on myosin molecules), 五十嵐義昌、羽鳥晋由、本多元、嶋田勝彦、松野孝一郎、生物物理 Biophysics, 38, S194, (1998)

79. 海底熱水噴出孔を模した進化フローリアクターの動作特性(The Properties of a Flow Reactor Simulating Submarine Hydrothermal Vents), 今井栄一、尾形嘉昭、北野博士、佐藤道子、本多元、羽鳥晋由、松野孝一郎、Viva Origino, 27, 10, (1999)

80. 進化フローリアクターでのオリゴマー生成(Prebiotic Oligomerization of Monomers in an Evolutionary Flow Reactor), 今井栄一、前嶋昭宏、尾形嘉昭、小笠原宏、北野博士、本多元、羽鳥晋由、松野孝一郎、Viva Origino, 27, 11, (1999)

81. アクチン繊維の等方運動から一方向運動への遷移(Transition from isotropic to anisotropic fluctuations of an actin filament),羽鳥晋由,本多元,嶋田勝彦,松野孝一郎,生物物理 Biophysics, 39, S192, (1999)

82. In Vitroで滑るアクチン繊維の伸び縮み(Contraction and protraction of an actin filament during sliding), 本多元,羽鳥晋由,五十嵐義昌,嶋田勝彦,松野孝一郎,生物物理 Biophysics, 39, S193, (1999)

83. 斑蛍光標識によるアクチン繊維の内部運動の相関(Correlation of movement with a ‘madara’ actin filament), 高橋一貴,羽鳥晋由,本多元,嶋田勝彦,松野孝一郎,生物物理 Biophysics, 39, S193, (1999)

84. まだらアクチン滑り運動中の繊維長変化(Length fluctuation of a speckled actin filament on myosin molecules), 五十嵐義昌,羽鳥晋由,本多元,嶋田勝彦,松野孝一郎,生物物理 Biophysics, 39, S193, (1999)

85. 不均一なATPase活性を持つアクチン繊維の運動(Movement of actin filaments with inhomogeneous ATPase activation.), 斎藤圭史,羽鳥晋由,本多元,嶋田勝彦,松野孝一郎,生物物理 Biophysics, 39, S193, (1999)

86. 海底熱水噴出孔を模倣した環境下でのオリゴペプチドの選択的合成(Selective Synthesis of Oligopeptides in a Simulated Submarine Hydrothermal System), 尾形嘉昭,今井栄一,本多元,羽鳥晋由,松野孝一郎,生物物理 Biophysics, 39, S201, (1999)

87. 海底熱水環境下でのオリゴアデニル酸の生成(Synthesis of oligo-adenirates in a simulated submarine hydrothermal system), 吉田歩,今井栄一,羽鳥晋由,本多元,松野孝一郎,生物物理 Biophysics, 39, S201, (1999)

88. 海底熱水噴出孔を模倣した進化フローリアクターの動作特性(An Evolutionary Flow Reactor Simulating the Hydrothermal Environments on the Sea Floor.), 佐藤道子,今井栄一,本多元,羽鳥晋由,松野孝一郎,生物物理 Biophysics, 39, S201, (1999)

89. 進化フローリアクターでのアラニンの重合とグリシンの触媒作用(Catalytic Capacity of Glycine in Oligomerization of Alanine in an Evolutionary Flow Reactor),尾形嘉昭, 今井栄一, 本多元, 羽烏晋由, 松野孝一郎 Viva Origino, 28, 8, (2000)

90. 模擬海底熱水環境下でのAMPの重合 (Oligomerization of Adenine Monophosphate in a Simulated Hydrothermal Environment), 小笠原宏, 吉田歩, 今井栄一, 本多元 ,羽烏晋由, 松野孝一郎 Viva Origino, 28, 10, (2000)

91. 海底熱水環境のリポソームの前生物的生成 (Prebiotic Synthesis of Liposome in Hydrothermal Environments), 佐藤道子, 今井栄一, 本多元, 羽烏晋由, 松野孝一郎Viva Origino, 28, 11, (2000)

92. ATPアナログ存在下でのアクトミオシン滑り運動 (Sliding movement of actin filament on myosin heads in the presence of ATP analogue), 羽鳥晋由,本多元,嶋田勝彦,松野孝一郎,生物物理 Biophysics, 40, S59, (2000)

93. 海底熱水環境下におけるアラニンとグリシンの重合 (Oligomerization of L-Alanine and Glycine in a Simulated Submarine Hydrothermal Environment), 今井栄一, 本多元, 羽烏晋由, 松野孝一郎, 生物物理 Biophysics, 40, S96, (2000)

94. 模擬海底熱水環境下での核酸(AMP)の重合 (Oligomerization of Adenine Monophosphate in a Simulated Hydrothermal Environment), 今井栄一, 本多元, 羽烏晋由, 松野孝一郎, 生物物理 Biophysics, 40, S97, (2000)

95. アクチン・微小管は単なるレールか! (Cooperativity and dynamics of “rail proteins” as a molecular assembly), 若林克三,本多元,生物物理 Biophysics, 40, S113, (2000)

96. ミオシンレールの上をアクチン繊維が走る。― in vitro で滑走する繊維の運動制御機構― (Sliding of actin filament along the myosin rail), 本多元,生物物理 Biophysics, 40, S114, (2000)

97. トロポニン単独でアクチン繊維の運動が制御される。(Troponin regulate the sliding movement of actin filaments without tropomyosin), 本多元,羽鳥晋由,今井栄一,嶋田勝彦,松野孝一郎,生物物理 Biophysics, 40, S138, (2000)

98. 海底熱水環境下での複数種のアミノ酸からのペプチド生成 (Hetero-coopolymerization of Amino Acids in a Simulated Hydrothermal System), 今井栄一, 佐藤道子,本多元, 羽烏晋由, 松野孝一郎Viva Origino, 29, 16, (2001)

99. 脂質の存在する熱水環境下でのオリゴペプチドの生成 (Making Oligopeptides in the Presence of Lipid Vesicles in Hydrothermal Environments), 塚原英明,今井栄一, 羽烏晋由, 本多元、松野孝一郎Viva Origino, 29, 17, (2001)

100. 熱水環境とオリゴヌクレオチド生成の反応特性 (Synthesis of Oligonucleotides in Hydrothermal Environments and their Reaction Rates), 佐藤成礼,吉田歩,今井栄一, 本多元, 羽烏晋由, 松野孝一郎Viva Origino, 29, 18, (2001)

101. ATPアナログとアクチン繊維の滑り運動 (Sliding movement of actin filaments with ATP analogues), 坂牧潤一、川口友彰、本多元, 羽烏晋由、嶋田勝彦,松野孝一郎生物物理 Biophysics, 41, S54, (2001)

102. まだら標識によって測定されたアクチン繊維のゆらぎ (Fluctuations of a single actin filament measured with speckled markers), 菊池健治、高橋一貴、羽烏晋由、本多元、嶋田勝彦,松野孝一郎、生物物理 Biophysics, 41, S54, (2001)

103. トロポニンを直接結合させたアクチン繊維の運動 (Direct decoration of troponin to actin filaments), 水野裕昭、羽烏晋由、本多元、嶋田勝彦,松野孝一郎、生物物理 Biophysics, 41, S54, (2001)

104. トロポミオシンを結合したアクチン繊維の滑り運動 (Length fluctuations of an actin filament with tropomyosins during sliding movement), 酒井勇貴、本多元、羽鳥晋由、嶋田勝彦,松野孝一郎、生物物理 Biophysics, 41, S54, (2001)

105. 磁場におけるアクチン繊維のゆらぎ (Enhancement of fluctuating displacements of an actin filament in the presence of magnetic field), 羽烏晋由、高橋一貴、本多元、嶋田勝彦,松野孝一郎、生物物理 Biophysics, 41, S55, (2001)

106. 進化フローリアクターにおけるアラニンの重合と異性化 (Synthesis and Isomerization of Alanine in Flow Reacter Simulating Submarine Hydrothermal System), 根本淳史、今井栄一、本多元、羽鳥晋由、松野孝一郎、生物物理 Biophysics, 41, S74, (2001)

107. リポソームが存在する熱水環境下でのアミノ酸の重合 (Prebiotic oligomerization in lipid vesicles in Hydrothermal environments), 今井栄一、羽鳥晋由、本多元、松野孝一郎、生物物理 Biophysics, 41, S74, (2001)

108. 熱水環境下におけるアミノ酸重合の多様性 (Diversity of the amino acid oligomerization in the formation of hydrothermal vent environment), 横山進之介、菊地叙夫、今井栄一、本多元、羽鳥晋由、松野孝一郎、生物物理 Biophysics, 41, S74, (2001)

109. 模擬海底熱水噴出孔によるグアニル酸(GMP)の反応 (Reaction of GMP in a simulated hydrothermal system), 小澤慶太、今井栄一、本多元、羽鳥晋由、松野孝一郎、生物物理 Biophysics, 41, S74, (2001)

110. グリシン、アラニン、バリン、アスパラギン酸の熱水環境での重合反応 (Oligomerization of Glycine, Alanine, Valine and Aspartic Acid in Hydrothermal Environments), 横山進之助、今井栄一、本多元、本多元、羽鳥晋由、松野孝一郎、Viva Origino, 30, 6, (2002)

111. 熱水化学反応系でのアミノ酸の重合とラセミ化 (Oligomerization and Racemerization of Alanine under Hydrothermal Conditions), 根本淳史、今井栄一、本多元、羽鳥晋由、松野孝一郎、Viva Origino, 30, 8, (2002)

112. 脂質あるいはリポソームが存在する熱水環境におけるアミノ酸の重合 (Oligomerization of Amino Acid and Lipid Vesicles in Hydrothermal Environments), 塚原英明、今井栄一、羽鳥晋由、本多元、松野孝一郎、Viva Origino, 30, 9, (2002)

113. 熱水環境における核酸のリン酸エステル化反応 (Phosphorylation of Nucleoside and Nucleotide in Hydrothermal Environments), 小澤慶太、今井栄一、本多元、羽鳥晋由、松野孝一郎、Viva Origino, 30, 10, (2002)

114. 架橋したトロポミオシンとアクチン繊維の相互作用:濱田梓、本多元、羽鳥晋由、嶋田勝彦、松野孝一郎:日本生物物理学会, 42, [S100], (2002)

115. トロポミオシンとアクチン繊維の柔軟な結合とその協同性の定量評価:酒井勇貴、本多元、羽鳥晋由、嶋田勝彦、松野孝一郎:日本生物物理学会, 42, [S100], (2002)

116. 熱エネルギーによるアクチン繊維の一方向運動:川口友彰、本多元、羽鳥晋由、嶋田勝彦、松野孝一郎:日本生物物理学会, 42, [S29], (2002)

117. ATPとAMP-PNPが存在しているときのアクチン繊維の滑り運動:坂牧潤一、本多元、羽鳥晋由、嶋田勝彦、松野孝一郎:日本生物物理学会, 42, [S30], (2002)

118. ミオシンビーズを用いた新しい運動計測法の開発:木原真理子、本多元、羽鳥晋由、嶋田勝彦、松野孝一郎:日本生物物理学会, 42, [S44], (2002)

119. 動かない変異株G680Vによる間欠的な高速運動:田中正輝、本多元、川口友彰、坂牧潤一、羽鳥晋由、上田太郎、嶋田勝彦、松野孝一郎:日本生物物理学会, 42, [S44], (2002)

120. アクチン繊維のゆらぎの増加と運動様式の変化:羽鳥晋由、菊池健二、本多元、嶋田勝彦、松野孝一郎:日本生物物理学会, 42, [S84], (2002)

121. トロポニン-アクチン繊維の滑り運動の調節:水野裕昭、羽鳥晋由、本多元、嶋田勝彦、松野孝一郎:日本生物物理学会, 42, [S34], (2002)

122. 熱水環境下でのアミノ酸重合におけるリポソームの役割:野中正己、古内亮、今井栄一、本多元、羽鳥晋由、松野孝一郎:日本生物物理学会, 42, [S139], (2002)

123. 熱水環境におけるアラニンのラセミ化:根本淳史、堀江美奈子、今井栄一、本多元、羽鳥晋由、松野孝一郎:日本生物物理学会, 42, [S140], (2002)

124. 熱水環境下を想定した反応系での分子進化系統樹の構築:横山進之助、菊地叙夫、小山昭広、今井栄一、本多元、羽鳥晋由、松野孝一郎:日本生物物理学会, 42, [S140], (2002)

125. 海底熱水噴出孔近傍環境下におけるアデニル酸の重合:風間太一、今井栄一、本多元、羽鳥晋由、松野孝一郎:日本生物物理学会, 42, [S140], (2002)

126. アミノ酸(GADV)からのへテロ重合(Hetero-copolymerrization of amino acids in hydrothermal environments):菊地叙夫、横山進之助、今井栄一、本多元、羽鳥晋由、松野孝一郎:Viva Origino, 31, 11, (2003)

127. 温度差を利用したアデニル酸(AMP)の重合(Polymerization of adenylic acid (AMP) in the presence of temperature gradient):風間太一、今井栄一、本多元、羽鳥晋由、松野孝一郎:Viva Origino, 31, 12, (2003)

128. 熱冷水界面におけるカルボン酸の重合(Reaction of Carboxylic Acids under Hydrothermal Conditions):根本淳史、池谷良介、今井栄一、本多元、羽鳥晋由、松野孝一郎:Viva Origino, 31, 13, (2003)

129. 熱水環境におけるアミノ酸の重合とラセミ化:(Oligomerization of Alanine under Hydrothermal Conditions):堀江美奈子、根本淳史、今井栄一、本多元、羽鳥晋由、松野孝一郎:Viva Origino, 31, 34, (2003)

130. 海底熱水環境下でのアミノ酸の反応における脂質の役割(A Role of Fatty Acid Lipids in Oligomerization of Amino Acids in Hydrothermal Environments);古内亮、野中正己、今井栄一、本多元、羽鳥晋由、松野孝一郎:Viva Origino, 31, 35, (2003)

131. ATP加水分解無しでのアクチン繊維の一方向性運動;川口友彰、本多元、羽鳥晋由、松野孝一郎:第56回日本細胞生物学会大会(平成15年5月14日~5月16日)

132. 化学架橋トロポミオシンによる滑り運動の抑制(Inhibition of Sliding Movement of Action Filaments by Crosslinked Tropomyosin):濱田梓、中川真一、本多元、羽鳥晋由、松野孝一郎:日本生物物理学会、43, S95, (2003)

133. G680V変位ミオシンによって引き起こされる高速運動(Fast Movements of an Actin Filament Driven by Mutant Myosin G680V):田中正輝、本多元、羽鳥晋由、上田太郎、松野孝一郎:日本生物物理学会、43, S112, (2003)

134. トロポニンI断片を用いた再構成thin filamentの運動(Cooperative Inhibition of Slidiing Motility by Cpase Fragments of TnI):船本祐作、水野裕昭、本多元、羽鳥晋由、松野孝一郎:日本生物物理学会、43, S112, (2003)

135. 活性化されたアクチン繊維の過渡状態でのゆらぎ増大(Enhancement of Fluctuations of a Myosin-Activated Actin Filament in the Transient State):羽鳥晋由、本多元、嶋田勝彦、松野孝一郎:日本生物物理学会、43, S125, (2003)

136. 車軸藻ミオシンによるアクチン繊維の運動は速度変化が大きい。(Large Fluctuations in Velocities of an Actin Filament by Chara Myosin.):桶野雄輔、羽鳥晋由、本多元、松野孝一郎:日本生物物理学会、43, S145, (2003)

137. AMP-PNP存在下におけるアクチン繊維のゆらぎの異方性(Anisotropic Fluctuations of an Actin Filament in the Presence of AMP-PNP):坂牧潤一、本多元、今井栄一、羽鳥晋由、松野孝一郎:日本生物物理学会、43, S146, (2003)

138. 由来の異なる2種類のモーターによって実現されるアクチン繊維の波打ち運動(Beating Motion of an Actin Filament Actualized From Two Different Kinds of Motors):酒井勇気、本多元、羽鳥晋由、嶋田勝彦、御橋廣眞、松野孝一郎:日本生物物理学会、43, S146, (2003)

139. 固定されたアクチン繊維上を動くミオシンコートビーズ(Migration of Myosin-coated Micro-Beads on a ‘Fixed’ actin Filament):本多元、川口友彰、今井栄一、羽鳥晋由、嶋田勝彦、松野孝一郎:日本生物物理学会、43, S147, (2003)

140. 熱エネルギーによるアクチン繊維の一方向性運動(Short Laser Irradiation moves an actin Filament Unidirectionally):川口友彰、本多元、羽鳥晋由、嶋田勝彦、松野孝一郎:日本生物物理学会、43, S147, (2003)

141. 化学進化における多様性と選択(selection and Diversification in Chemical Evolution):小山昭広、菊地叙夫、今井栄一、羽鳥晋由、松野孝一郎:日本生物物理学会、43, S204, (2003)

142. 非平衡熱水環境におけるアデニル酸のリン酸化反応(Phosphorylation of Adenylic Acid in Hydrothermal Environments):今井栄一、小澤慶太、本多元、羽鳥晋由、松野孝一郎:日本生物物理学会、43, S205, (2003)

143. 核酸の重合におけるイミダゾールの役割(The Roles of Imidazole For Oligomerization of Nucleic Acids):風間太一、今井栄一、羽鳥晋由、本多元、松野孝一郎:日本生物物理学会、43, S205, (2003)

144. 熱水環境下におけるカルボン酸の反応(Prebiotic Ignition of aTCA Cycles in Hydrothermal Environments):池谷良介、根本淳史、今井栄一、本多元、羽鳥晋由、松野孝一郎:日本生物物理学会、43, S205, (2003)

145. 熱水環境下での酢酸と蟻酸からなる高次なカルボン酸の合成(A Pathway to Di- or Tri-carboxylic Acids From Acetic and Formic Acid Under Hydro-thermal Environmnents):根本淳史、池谷良介、今井栄一、本多元、羽鳥晋由、松野孝一郎:日本生物物理学会、43, S206, (2003)

146. 熱水環境におけるアラニンのラセミ化-金属イオンの影響-(Racemizattion of Alanine in Hydrothermal Systems ? Contribution of Metal Ions):堀江美奈子、根本淳史、今井栄一、本多元、羽鳥晋由、松野孝一郎:日本生物物理学会、43, S206, (2003)

147. アミノ酸重合における脂肪酸と小胞構造の役割(Role of Fatty Acid and Its Vecsicle Structure in Oligomerization of Amino Acids):古内亮、今井栄一、本多元、羽鳥晋由、松野孝一郎:日本生物物理学会、43, S206, (2003)

148. 熱水環境下でのヌクレオチドホスホジエステル結合の形成:根本淳史、小澤慶太、今井栄一、羽鳥晋由、本多元、松野孝一郎:生命の起原及び進化学会(2004)

149. 海底熱水環境下でのアラニンの異性化:堀江美奈子、根本淳史、今井栄一、本多元、羽鳥晋由、松野孝一郎:生命の起原及び進化学会(2004)

150. 熱水環境下での複合分子の生成:小山昭広、菊地叙夫、今井栄一、本多元、羽鳥晋由、松野孝一郎:生命の起原及び進化学会(2004)

151. TCA サイクルに現れる代謝物質の前生物的生成:池谷良介、根本淳史、今井栄一、羽鳥晋由、本多元、松野孝一郎:生命の起原及び進化学会(2004)

152. 脂肪酸小胞存在下でのアミノ酸重合:古内亮、今井栄一、本多元、羽鳥晋由、松野孝一郎:生命の起原及び進化学会(2004)


Copyright© 2014 Laboratory for Biological Motility. All Rights Reserved.