ポスター発表プログラム



PDF版ポスター発表プログラムのダウンロードはこちらから

※発表される方はこちらから規定をお読みください。

P-1

Rhodococcus jostii RHA1cis-1,2-ジクロロエチレン分解能と関わる酵素遺伝子の解析
○千野佳奈子、荒木直人、福田雅夫
(長岡技科大・生物系・環境微生物工学)

P-2

Rhodococcus jostii RHA1株のγ-レゾルシン酸代謝酵素遺伝子群の転写制御機構の解明
○吉川翔太、笠井大輔、荒木直人、政井英司、福田雅夫
(長岡技科大・生物系・環境微生物工学)

P-3

天然ゴム分解酵素反応の解析
○遠藤有記1、今井俊介2、福田雅夫1
(1長岡技科大・生物系・環境微生物工学2東海ゴム工業・TRI)

P-4

Sphingobium sp. SYK-6株におけるリグニン由来芳香族化合物取り込み遺伝子の解明
○森光佑1、上村直史1、原啓文2笠井大輔1、福田雅夫1政井英司
(1長岡技科大・生物系・微生物代謝工学、2Malaysia-Japan Int’l. Inst. Tech., Univ. of Teknol. Malaysia

P-5

複数の遺伝子の発現制御を同時に行えるプラスミドの構築
〇藤田翔太、津森豊、川野光興
(新潟薬科大・応用生命科学・遺伝子発現制御)

P-6
毒性タンパク質をコードしたldrD遺伝子の上流に存在するldrDX遺伝子の機能解析
○石本巧、的野真由美、橋本兼吾、水吉智彦、川野光興
(新潟薬科大・応用生命科学・遺伝子発現制御)
P-7 がん微小環境下におけるミトコンドリア電子伝達系NADH-フマル酸還元系(フマル酸呼吸)の分子機構
○冨塚江利子
(新潟薬科大・薬学・衛生化学)
P-8

好熱菌Rubrobacter xylanophilus D-アミノ酸オキシダーゼの諸特性解析
○古川原諒、田所南海帆、斎藤弥生、小林見江子、大前圭史、高橋祥司、解良芳夫、阿部勝正
(長岡技科大・環境建設系・環境システム工学)

P-9

Sphingomonas sp.TDK1株 ハロアルキルリン酸トリエステル加水分解酵素の局在解析
○櫻庭裕樹、小林豊和、阿部勝正、高橋祥司、解良芳夫
(長岡技科大・環境建設系・環境システム工学)

P-10

酵母D-アスパラギン酸オキシダーゼの基質認識機構の解明
○島田梢1、野沢駿友1、後藤勝2、阿部勝正1、高橋祥司1、解良芳夫1
(1長岡技科大・環境建設系・環境システム工学、2東邦大・生物分子科学)

P-11

ラット耳下腺腺房細胞中のRab27GDP/GTP交換サイクルに関与する特異的エフェクターの働き
○今井あかね1,2、佐藤律子1,2
(1日本歯科大・新潟短大、2新潟生命歯学・生化学)

P-12

NODマウス耳下腺腺房細胞におけるcDNAマイクロアレイ解析
○梨田智子1、佐藤律子4、水橋史2、下村淳子3
(日本歯科大・新潟生命歯学・1生化学, 2歯科補綴学, 3小児歯科学、4日本歯科大・新潟短大)

P-13

ヒト唾液ヒスタチン短鎖断片の生物活性の解析
○金子陽徳1,2、田嶋幸司2、加藤哲男3、谷口正之2、斎藤英一1
(1新潟工科大・生物機能化学、2新潟大院・自然、3東京歯科大・化学)

P-14

Identification of A Permease Gene Involved in Cellulase Production in Trichoderma reesei
Juliano de Oliveira Porciuncula1, Takanori Furukawa2, Yosuke Shida1,Yasushi Morikawa1, Wataru Ogasawara1*
(1Dept. of Bioengineer., Nagaoka Univ. of Technol., 2Sch. of Biol. Sci., Univ. of Edinburgh)

P-15

糸状菌Trichoderma reeseiの新規発現誘導機構の解明
○塩屋幸樹、雪真弘、佐藤春菜、志田洋介、小笠原渉
(長岡技科大・生物系・生物資源工学)

P-16

糸状菌Trichoderma reeseiセルラーゼ高生産変異株の電子顕微鏡解析
○志田洋介1、田原伸悟1、新田美貴子1、大隅正子2、小笠原渉1
(1長岡技科大・生物系・生物資源工学、2綜合画像研究支援)

P-17

Family S46ペプチダーゼの構造機能相関の解明に向けて
○鈴木義之1、阪本泰光2、田中信忠3、小笠原渉1
(1長岡技科大・生物系・生物資源工学 2岩手医大・薬学, 3昭和大・薬学)

P-18

NPP1は高温・高CO2条件下においてイネ芽生えの澱粉蓄積および成長制御に関与する
○猪俣拓也1、金古堅太郎2、増井貴広1、伊藤紀美子1、ポズエタ-ロメロ ハビア3、三ツ井敏明1,2
(1新潟大・院・自然科学、2新潟大・農・応生化、3バイオ研・CSIC & UPNA)

P-19

イネ葉緑体包膜タンパク質LACS9の輸送機構の研究
○高松壮1,2、伊東七実子1、谷内智子1、古賀彩2、濵田侑紀1、三ツ井敏明1,2
(1新潟大・院・自然科学2新潟大・農・応生化)

P-20

イネSUMO3の細胞内局在性制御の研究
○福島真美子1、野口夏希2、伊藤紀美子2、及川和聡1、三ツ井敏明1
(1新潟大・農・応生化、2新潟大院・自然・生命食科)

P-21

ePLBのコチョウラン微細繁殖への応用
○榎真一、高原美規
(長岡技科大・生物系・応用植物工学)

P-22

蛋白質の熱転移におけるオリゴマー形成過程の熱力学的解析
○中村成芳1Mohammad M Islam2、和智友香2、清水凌2、黒田裕2、城所俊一1
(1長岡技科大・生物系、2東京農工大・工・生命工学)

P-23

細胞接着分子Caspr3欠損マウスの運動機能解析
○平田晴菜1、高橋阿貴2、渡邉和忠1,3、小出剛2、霜田靖1
(1長岡技科大・生物系、2国立遺伝研・マウス開発研究室、3長岡高専)

P-24

カイニン酸受容体機能の多様性とその分子基盤
○渡辺和泉、明石馨、阿部学、夏目里恵、﨑村建司
(新潟大・脳研・細胞神経生物学)

P-25 人工ヌクレアーゼ技術による内在性TDP-43遺伝子改変と筋萎縮性側索硬化症モデルへの応用
○佐藤俊哉1、小田佳奈子1、酒井清子1、西澤正豊2、小野寺理3、横山峯介1、笹岡俊邦1
(新潟大・脳研・1動物資源開発, 2神経内科, 3分子神経疾患資源解析)
P-26

Immunohisctochemical analyses on central nervous system of dystonin mutant mice
MD Ibrahim Hossain, Masao Horie, Hirohide Takebayashi
(Dept. of Neuroanat., Niigata Univ.)

P-27

ジストニア様症状を示す新規遺伝子改変マウスの作製と解析
○竹林浩秀1、堀江正男1、渡辺啓介1Asim Kumar Bepari1、梨本淳一郎1、荒木喜美2、小野勝彦3、池中一裕4
(1新潟大・医歯学系 神経解剖、2熊本大、3京都府立医大、4生理研)

P-28 Effective gene delivery into adipose-derived stem cells: transfection of cells in suspension using polyethylenimine-NLS peptide conjugates
Eulsoon Park1, Hong-Baek Cho2 and Koichi Takimoto1
(1Dept. of Bioengineer., Nagaoka Univ. of Technol., 2Extreme Energy-Density Res. Inst., Nagaoka Univ. of Technol.)
P-29 A raised intracellular Ca2+ concentration induces proteolytic cleavage of EAG2 channel
Kazuto Kobayashi, Takuro Ishizaki, Nobuhiro Shimizu, Natsumi Sato, Teppei Kikuchi, and Koichi Takimoto
(Dept. of Bioenginner., Nagaoka Univ. of Technol.)
P-30

ラフト膜領域におけるM6a複合体形成による神経極性決定機構の解明
○本多敦子、伊藤泰行、武内恒成、五十嵐道弘
(新潟大・院・医歯学総合・分子細胞機能)

P-31

コンドロイチン硫酸合成酵素欠損マウスにおけるペリニューロナルネットの分子解剖学
○吉岡望、五十嵐道弘
(新潟大・院・医歯学系・分子細胞機能)

P-32

Hoechst tagging法による新規細胞核蛍光染色プローブの合理的創製
○中村彰伸、滝川和正、石田学、霜田靖、築地真也
(長岡技科大・生物系・合成生体分子化学)

P-33

小分子化合物による蛋白質凝集誘導システムの開発
○石川瑛介、滝川和正、石田学、中村彰伸、築地真也
(長岡技科大・生物系・合成生体分子化学)

P-34

蛋白質の細胞内局在を制御する化合物1:膜局在性リガンド
○沖超二、石田学、渡部秀章、滝川和正、藤沼学子、築地真也
(長岡技科大・生物系・合成生体分子化学)

P-35

蛋白質の細胞内局在を制御する化合物2:微小管・核局在性リガンド
○石田学、中村彰伸、片平莉香、築地真也
(長岡技科大・生物系・合成生体分子化学)

P-36

プロテアソーム機能不全はオートファジーおよびKeap1-Nrf2システムを活性化する
○蔭山俊1,2、曽友深2、植村弘道4、亀高諭4、斉藤哲也1,3、石村亮輔1,3、河野亜華2Lynn Bedford5R. John Mayer5Myung-Shik Lee6、山本雅之7、和栗聡4、田中啓二3、小松雅明1,2
(1新潟大・院・医歯学総合・遺伝子制御/分子生物、東京都医学総合研・2蛋白質リサイクルPT, 3蛋白質代謝、4福島医大・解剖/組織、5Lab. of Intracellular Proteolysis, Sch. of Biomed. Sci., Univ. of Nottingham, 6Dept. of Med., Samsung Med. Cen.,  7東北大・院・医・医化学)

P-37

細菌感染によるp62/Sqstm1を介したNrf2活性化機構の解明
○石村亮輔1, 2, 3、田中啓二2、小松雅明1
(1新潟大・院・医歯学総合・遺伝子制御/分子生物、2東京都医学総合研・蛋白質代謝、3東大院・新領域・臨床医科学)

P-38

オートファジー障害に伴う糖、アミノ酸代謝再編成
○斉藤哲也1,2,3、曽友深4、和栗聡5、藤村務6、上野隆6、田口恵子7、本橋ほづみ7山本雅之8、田中啓二2、曽我朋義9、小松雅明1
(1. 新潟大・院・医歯学総合・遺伝子制御/分子生物学、2.東京都医学総合研・蛋白質代謝、3. 東大院・新領域・臨床医科学、4.東京都医学総合研・蛋白質リサイクルPT5. 福島医大・解剖/組織学、6. 順天堂大院・研究基盤セ、東北大・7.加齢研・加齢医学・遺伝子発現制御, 8.医科学、9. 慶應大・先端生命・メタボローム研究G)

P-39

低マグネシウム・高カルシウム溶液でヒト細胞シートの剥離・回収ができる
○大沼清1*、藤木彩香2、太刀川彩保子1、林洋平3、伊藤弓弦4、小沼泰子4、セン徳川3、道上達男3、楠田-古江美保2、浅島誠3,4
(1長岡技大・生物系、2医薬基盤研・ヒト幹細胞、3東大・院・総文、4産総研・幹細胞工)

P-40

減圧プラズマのパターン照射と複合コートによるヒトiPS細胞の2次元パターンの作製
○山本悠太、山田遼太郎1、服部浩二2、太刀川彩保子、多賀谷基博1、佐々木徹1、杉浦慎治2、金森敏幸2、大沼清1*
(長岡技科大・生物系、産総研・幹細胞工)

P-41 スクアレンの両末端環化:オノセロイド合成酵素の初めての同定および龍涎香主成分ambreinの酵素合成
上田大次郎、星野力、佐藤努
(新潟大・院・自然科学・農応生化)
P-42

ゼブラフィッシュ胚におけるGnT-Iの解析
○半澤 健1、長束俊治1, 2

(1新潟大・院・自然科学、2新潟大・理)

P-43

ヒトβ4-ガラクトース転移酵素3遺伝子プロモーター領域の解析
○丹下梨穂、佐藤武史
(長岡技科大・生物系・糖鎖生命工学)

P-44 B16-F10マウスメラノーマ細胞におけるβ4-ガラクトース転移酵素2, 5遺伝子の同時発現制御
○久慈諒、小林之人、白根克則、村田享之、佐藤武史、古川清
(長岡技科大・生物系・糖鎖生命工学)
P-45

クチン染色によるプラナリアの再生過程におけるN-型糖鎖の発現動態の解析
○柴崎雄基、古川清
(長岡技大・生物系・糖鎖生命工学)

P-46

ヤマトヒメミミズの再生過程における糖鎖の発現分布の解析
○小川秀1、古川清2
(1長岡高専・一般教育・化学/生物、2長岡技科大・生物系・糖鎖生命工学)

P-47
P-48
P-49
P-50