研究室

環境微生物工学研究室

 当研究室では、「微生物の可能性を追求 〜知り、育て、環境浄化と資源循環に利用する〜」をテーマに
有用微生物の機能解析に取り組んでいます。
 これまでに人類は、石油資源を活用し様々な化学物質を生み出すことで生活を豊かにしてきました。
しかし、それら化合物の環境中への漏出による土壌や河川の汚染は、地球規模で取り組むべき課題の一つとなっています。さらに、近年の世界的経済成長に伴う資源需要の拡大は、環境汚染のみならず資源枯渇や廃棄物の増大といった問題も生み出しました。
 我々は、微生物機能を利用した環境負荷の低い環境浄化と廃棄物処理、ならびに有価物生産技術の開発を目指して、ユニークな物質変換能を持つ微生物の発掘に取り組んでいます。そして、それら微生物の遺伝子や酵素、ゲノム構造を分子レベルで解明することで、効率的物質変換システムの構築に繋げたいと考えています。その成果は、環境汚染の浄化に貢献するとともに、廃棄物処理に伴う温室効果ガスの増加やエネルギーの確保といった課題を払拭できると期待されます。

・研究室ホームページへ  矢印→ホーム

スタッフ

准教授 笠井 大輔

研究プロジェクト

1.ゴム廃棄物を有価物へと変換するための
      微生物変換系の機能解析
2.難分解性芳香族化合物を分解できる
      微生物の分解メカニズムの解明
助教 笠井 大輔
准教授 笠井 大輔

生物パンフ図面_笠井

生物パンフ写真_笠井